img-ttlArea_01.png

バックエンドディビジョン

バックエンドディビジョンの役割

システム開発における、バックエンド領域全般を守備領域としています。サーバーサイドのアプリケーションの実装がメインになりますが、Google Cloud のインフラレイヤー設計やデータ分析の案件などにも携わるため、かなり幅広い領域の技術に触れることができます。
新規開発案件が多く、クラウドの特徴を理解した上でコーディングが必要なので、クラウド上でアプリケーションを動かす際の知見が身につきます。

また、新卒 2 年目など若いうちからお客様とコミュニケーションをとって、提案活動をすることもあり、得意な方には上流工程から携わってもらうこともあります。

 

今後は API 管理 (参考:Google CloudでのAPI管理) をより得意な領域として強化していきたいと考えています。

開発工程

img-buckend_01.jpg

【主な開発環境】

プログラミング言語:Go, Java, Kotlin, Python

インフラ:Google Cloud

データベース:Cloud Datastore, Firestore, Cloud SQL (MySQL, PostgresSQL, SQL Server), Cloud Spanner

CI/CD:Cloud Build

環境構築:コンテナ, Terraform 

ソースコード管理:Github, (プロジェクトによっては) Gitlab, SVN

プロジェクト (タスク) 管理:Wrike, Backlog, Github issue

【案件事例】

  • 大手小売業界のデータ分析(バックエンド中心)

  • 大手損保会社の見積もりサイト構築

  • 大手証券会社の投資情報アプリ

  • 大手ゲーム会社 ※Terraform でのインフラ設計・実装

ディビジョンの雰囲気

全社で一番多い人数がいる組織であるため、チームユニットごとにもカラーがありますが、ディビジョンとして一体感が出るように様々な取り組みを実施しています。

 

・コミュニケーション活動として、プロコン、ゲーム、勉強会(輪読会、輪講形式の発表、プロコン問題の解説会など)など、様々な活動を実施

・案件情報共有会(月 1 回:失敗体験共有)例えばフロントエンドとの連携不足や、SRE 領域のスキル不足とかなど、あえて失敗話もすることで、改善に繋げていけるようにしています。

・目安箱:どんなことでもウェルカムで、意見を募集しています。こちらの施策をきっかけに、Google Cloud クイズ大会や目安箱レターライブとしてラジオ感覚のストリーミング配信を行ったりしています。

 

その他、チームユニットごとの交流なども活発。Google Cloud 公認資格をすべて保有しているメンバーや元教師、元吉積情報の営業など、多様なメンバーがいます。

社員インタビュー

他部署の紹介

img-lgo_top.png

クラウドエース株式会社

経営管理本部

経理財務部

経営企画部

法務部

情報システム室

lgo-yoshidumiH.png

吉積ホールディングス株式会社

アプリケーション開発部

Cmocy事業部

lgo-yoshidumi.png

吉積情報株式会社

社員の声を聞く